フコイダン療法でのガン治療病院・クリニック紹介所

フコイダン情報〜フコイダンに関する内容をアップしています〜

 

フコイダン情報のページです。
フコイダンに関する内容をアップしていきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

フコイダン情報記事一覧

フコイダンとは?

そもそも、「フコイダン」とは、昆布やワカメ・モズク・メカブなどの褐藻類の粘質物に多く含まれる食物繊維を意味します。つまり、わかりやすく表現すると、昆布やワカメ・モズク・メカブなどのネバネバ・ヌルヌルに含まれる食物繊維のことです。そして、「フコイダン」は昆布やワカメ・モズク・メカブなどの褐藻類だけでは...

≫続きを読む

 

フコイダンの含有成分

「フコイダン」は昆布・ワカメ・ヒジキ・モズクなどに含まれていることが解っていますが、これらの褐藻類と言われる海藻類は「フコイダン」のヌルヌル・ネバネバ成分の働きで海の中の激しい潮の流れから身を守っています。これらの海藻類に含まれる「フコイダン」の含有量は海藻の種類によって違いますが、中でも「フコイダ...

≫続きを読む

 

フコイダン療法とは

「フコイダン」に抗癌効果があることは既に述べましたが、癌の「フコイダン療法」とは「フコイダン」の抗癌効果を積極的に活用した新しい抗癌療法です。「フコイダン療法」の特徴は、「フコイダン」の癌細胞をアポトーシス(自然消滅)に追い込む働きを積極的に活用した抗癌療法です。これまでの癌に対する処置は、手術によ...

≫続きを読む

 

上手なフコイダン療法の使い方

「フコイダン」は広く健康食品として利用されていますが、その抗癌効果から癌に対する「フコイダン療法」としても期待を集めています。それでは、どんな癌のどの様なステージの癌患者に、「フコイダン療法」は効果があるのでしょうか。まず、癌が早期発見された患者の場合は、「フコイダン」を服用するだけで上手くいけば癌...

≫続きを読む

 

フコイダン抗癌効果のメカニズム

「フコイダン」の抗癌効果は「フコイダン」そのものの抗癌効果だけではなく、「フコイダン」を抽出するときに得られる「フコキサンチン」の働きであることも最近の研究で明らかになってきました。そこで、「フコイダン」の抗癌効果の1つ目は「アポトーシス誘導作用」です。もともと、正常細胞はアポトーシス(自然死)する...

≫続きを読む

 

癌患者を助ける「フコイダン」

他の病気に比べて癌が怖いのは、癌が転移することと癌治療の副作用が大きいことです。例えば、早期の胃癌で胃を全適して胃癌が完治した患者の場合も、数年後に他の部位に癌が見つかることがあります。これは転移なのか或は偶然なのか解りませんが、最近の研究で幹細胞が癌の転移に関与しているということも報告されています...

≫続きを読む

 

フコイダン療法のメカニズム

もともと、「フコイダン」はサプリメントや健康食品として使われてきました。特に、「モズク」「昆布」「ワカメ」などの海の幸として「フコイダン」を接種し、健康と長寿の源と考えられてきました。その後、1996年の「第55回日本癌学会」に於いて「フコイダン」に抗癌作用があることが論文で発表され、「フコイダン」...

≫続きを読む

 

新フコイダン療法

「フコイダン」を飲むだけの従来の「フコイダン療法」に対して、「フコイダン」に含まれる有効成分をより積極的に活性化させて癌細胞を死滅させるのが「新フコイダン療法」です。つまり、従来は「フコイダン」の抗癌効果のメカニズムが十分に解明されていませんでしたが、「フコイダン」に抗癌効果が認められるため兎に角「...

≫続きを読む

 

新フコイダン療法のメカニズム

「新フコイダン療法」の第一段階は「フコキサンチン」の積極摂取を第一優先に考え、癌細胞に直接働きかけて「フコキサンチン」のアポトーシス誘導作用で癌細胞を自滅へと追いやることを第一に考えます。通常細胞はアポトーシス作用で一定期間後に自滅しますが、癌細胞はアポトーシス作用で自滅することはありません。しかし...

≫続きを読む

 

フコイダン+βグルガン

沖縄では古来から「モズク」や「モズク酢」が健康食品として珍重されてきました。「モズク」を食材としてそのまま食べる方法や、「モズク」を酢に漬けて食べる方法が一般的です。特に、「モズク」を黒酢に漬けた食品は、健康食品として珍重されています。沖縄では毎日「モズク」を食べることで、健康で長生きできるという言...

≫続きを読む

 

ガゴメ昆布のフコイダン

昆布といえば利尻昆布などで有名な北海道産昆布が有名ですが、北海道産昆布の中に「ガゴメ昆布」という種類の昆布があります。「ガゴメ昆布」は北海道函館市東海岸の限られた地域に生育する昆布を意味します。一般的な昆布は表面がつるっとしていますが、「ガゴメ昆布」は表面にある独特の凹凸模様が特徴的です。この「ガゴ...

≫続きを読む

 

フコイダンサプリの選び方

1996年の「第55回日本癌学会」に於いて「フコイダン」に抗癌作用があることが論文で発表され、「フコイダン」はテレビや雑誌などにも取り上げられて一躍注目を浴びるようになりました。その後、様々な企業や大学が「フコイダン」の研究を進め、現在、様々な種類の「フコイダン」がサプリメントや健康食品として販売さ...

≫続きを読む

 

フコイダン(低分子化フコイダン)の研究は九州大学の白畑實隆氏

現在、フコイダンに関する研究をされている中で、もっとも有名なのが、九州大学大学院教授の白畑實隆氏。フコイダンの中でも、低分子化フコイダンに関して深く研究されております。すでにフコイダンに関する本も出版されており、「知っててよかった!今日から始まるあきらめないがん治療」と「あきらめない!今日から始める...

≫続きを読む

 

フコイダンを超低分子化したパワーフコイダン

フコイダンを販売するサイト、店舗は多く存在していりますが、その中で注目するフコイダンは、第一産業株式会社が販売する「パワーフコイダン」です。このパワーフコイダンは、通常のフコイダンとは違い、体内細胞が吸収できる大きさから、さらに10分の1の大きさ(約500分子量以下)の低分子化していることで、胃腸が...

≫続きを読む

 

フコイダン口コミ情報・副作用防止

75歳の女性胃がん患者は胃の全摘出手術を行い胃を全て失いましたが、リンパ節にがんの転移が認められ抗がん剤による化学療法も受けています。しかし、抗がん剤の投与を初めて以来、副作用による極度の吐き気で食欲不振に陥り、それに伴い全身倦怠の副作用にも悩まされてきました。そこで、抗がん効果があると言われる様々...

≫続きを読む

 

フコイダン口コミ情報・便秘

90歳を過ぎる祖母は便秘と皮膚炎に苦しんでいました。便秘は酷いときには10日くらい続く時があり、背中の皮膚炎は痒みを伴っています。いくつかの医院で処方された薬や様々なサプリメントを試しましたが、ほとんど効果はありませんでした。そこで、とりあえず便秘に効果がありそうな「フコイダン」を試してみました。以...

≫続きを読む

 

フコイダン口コミ情報・ダイエット

35歳の主婦ですが身長155センチで体重は65キロになり、さすがにダイエットを始めました。余り見かけは気にしない方ですが、スカートやジーンズが着られなくなり困っているからです。そこで、友人の奨めや通販サイトからいくつかのダイエットサプリを試してみましたが、なかなか効果が上がりません。どのダイエットサ...

≫続きを読む

 

フコイダン抗アレルギー作用

一般的にアレルギーと聞くとアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎を思い浮かべますが、重症のアレルギーも少なくありません。例えば、重度の食物アレルギーの場合、問題の食材を食べるとショック状態になり数時間で死に至ることもあります。そこまでの重症ではない場合でも、食物アレルギーで入院する患者は意外に多いので...

≫続きを読む

 

フコイダン抗生活習慣病作用

中高年の生活習慣病で気に成るのは、肝機能・コレステロール・中性脂肪・血糖値・血圧などです。肝機能が悪化することにより、肝硬変や肝臓がんのリスクが高まります。また、高コレステロールや高中性脂肪は肥満と高血圧の原因となり、動脈硬化を引き起こし脳卒中や心臓病の原因となります。更に、高血糖値は糖尿病のリスク...

≫続きを読む

 

フコイダン抗ウイルス作用

同じタイミングでウイルスに接触した場合でも感染する人としない人がいます。また、感染した場合でも、発病する人と発病しない人がいます。現在の医学のレベルでは、それらを科学的に説明することはできません。つまり、同じタイミングでウイルスに接触した場合でも感染する人としない人がいるのは何故なのか、或は、同じタ...

≫続きを読む

 

抗がん剤と低分子フコイダンの併用

もともと、抗がん剤は細胞を死滅させる効果を持っていますが、正常細胞とがん細胞を見分けることができません。つまり、抗がん剤は正常細胞とがん細胞の両方にダメージを与えます。その結果、抗がん剤はがんの増殖を抑えることができますが、反面、患者に深刻な副作用を齎します。むしろ、がん患者から見ると、がんの苦痛よ...

≫続きを読む

 

低分子フコイダンの4つの作用

九州大学大学院細胞制御工学教室の研究によって、低分子化フコイダンの4つの作用が明らかになっています。低分子化フコイダンの作用の1つ目は、がん細胞を自滅に導くアポトーシス誘導作用です。アポトーシス作用とは細胞が自然消滅することを意味しますが、低分子フコイダンは細胞の自然消滅を誘導することが解っています...

≫続きを読む

 

高分子化フコイダンと低分子化フコイダン

高分子化フコイダンと強調されたフコイダンサプリメントがありますが、もともと、フコイダンは高分子多糖類ですので分子の結合が非常に強くてなかなか壊れません。従って、高分子多糖類のフコイダンは腸管で吸収され難い筈ですが、実際にはフコイダンが吸収され難いということはありません。実はこれらのメカニズムにつては...

≫続きを読む

 

フコイダンのがん治療について

フコイダンのがん治療についてフコイダンという成分が注目されています。フコイダンはどこに含まれているのかというと、昆布やわかめなどの海草類にたくさん含まれています。したがって日本人にはなじみの深い成分となっていますが、食生活の欧米化によって海藻を食べると言うことが少なくなっています。また食生活の欧米化...

≫続きを読む

 

がん治療に用いられるフコイダン

がん治療に用いられるフコイダン硫酸多糖のひとつである「フコイダン」はワカメなどをはじめとする褐藻類がもつヌルヌルした粘膜類に含まれている食物繊維であり、ウイルスや細菌などからの防衛機能を回復させることで低下していた免疫力を正常な状態に回復したり、中性脂肪の抑制や肝機能を向上させる作用などがあり、ヒト...

≫続きを読む

 

フコイダンの効果とがん治療

フコイダンの効果とがん治療フコイダンには、免疫力を高める作用があります。そのため医療現場でがん治療に使われています。人の体では、常に細胞分裂がおこなわれています。それにより、毎日膨大な量の新しい細胞が作られています。その中には、がん細胞もあります。健康な成人の体でも、毎日5〜6000個ものがん細胞が...

≫続きを読む

 

フコイダンによるがん治療について

フコイダンによるがん治療について現在がんの治療を行っているという人が多くなっています。このがん治療の中で注目されているのがフコイダンという成分です。これは昆布やわかめなどの海草にたくさん含まれている成分と名手います。フコイダンのがん治療への適用に関しては、現在医療の現場で実際に行われています。フコイ...

≫続きを読む

 

フコイダンによるがん治療

フコイダンによるがん治療フコイダンのがん治療における期待する効果に、「がん細胞の増殖抑制」「がん細胞の転移抑制」「新生血管の抑制」があります。細胞が古くなると自己死滅を促すアポトーシスと言われる物がありますが、がん細胞はそのアポトーシスのコントロールに異常が生じたもので、これによって腫瘍は死滅せずど...

≫続きを読む

 

フコイダンのがん治療について

フコイダンのがん治療についてフコイダンを使ったがん治療が注目されています。フコイダンとは何なのかというと、昆布やわかめに含まれている成分で免疫力向上などの作用があります。多くの医療機関ではがん治療の際にフコイダン療法として治療を進めているところがあります。実際にどのような方法が行われているのかという...

≫続きを読む

 

フコイダン療法によるがん治療

フコイダン療法によるがん治療フコイダンとは褐藻類のモズク、ワカメなどにあるヌルヌルとした部分に含まれる成分です。このフコイダンに抗がん作用があることが発見され、がん治療にこのフコイダンを用いた療法を行うところが増えてきました。通常一定期間が過ぎると、細胞は自ら死んでいくアポトーシスを行いますが、がん...

≫続きを読む

 

フコイダンが新たながん治療として注目を集めている

フコイダンが新たながん治療として注目を集めている病気のなかでも最も恐ろしい病気が「がん」です。このがん治療において今とても注目を集めているのが「フコイダン」です。フコイダンとは、コンプやわかめなどの海藻類に含まれるヌメリ成分のひとつです。この成分ががん治療の新たな治療方法に役立てるのではないかと、ア...

≫続きを読む

 

がん治療の代替治療として期待されているフコイダンとは

がん治療の代替治療として期待されているフコイダンとは近年、がん治療の代替治療として注目を集めているのがフコイダンと言う成分です。フコイダンは主に海藻が持つヌルヌルとした成分のことで、もずくや昆布、めかぶなどに含まれています。含有量は海藻によってそれぞれに違いますが、特に含有量が多いのがもずくと言われ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 北海道 東北 関東 東海 近畿・中国 九州